カメラ

『SonyのZV-E10のスマホ転送が遅い』はこれで解決!

※2022年11月10日更新

ZV-E10で撮影した動画を
iPhoneに取り込みたいけど、
スマホ転送が遅すぎる…!

と困っている方もいるのでは
ないでしょうか?!

2021年9月17日にVlog用カメラとして
発売されたSonyの『ZV-E10』

前作のZV-1と比べて

  • レンズの交換ができるようになり
     写真/動画の表現の幅が広がった。
  • センサーサイズが一型センサーから
     APS-Cになったことで画質もUP。
  • 動画撮影時のバッテリーの持ちが
     80分と2倍にパワーアップ!

という良い点がたくさんあります

が!

唯一、残念な部分として

『Imaging Edge』というアプリを
使ったスマホ転送が遅い…!

という点があります_(:3 」∠)_

 

実際に私も使ってみましたが、
30秒ほどの動画1本を
スマホに取り込むのに
数分かかってしまいました・・・。

すっす

これじゃ動画を撮影しても
転送するだけで疲れちゃう…

さくらっち

だよね・・・(汗)
でも、この問題は
ある方法で
サクッと解決します!

ということで、
さっそくこの問題の解決法を
紹介していきたいと思います。

 

これで解決!動画のスマホ転送がさくっとできる!

このままだと写真や動画を撮影しても
取り込むのに時間がかかって
編集するのが面倒くさくなる…!

ということで、いろいろ試してみた結果、
これが1番早いと思ったので
さっそく紹介します。

【救世主】Lightning – SDカードカメラリーダー

ズバリ、その解決策は
『Lightning SDカードカメラリーダー』
を使うことです。

 

使い方は簡単!

  1. LightningSDカードカメラリーダーに
    メモリーカードを挿入した状態で
    iPhoneに挿す。
  2. iPhoneのファイルアプリを開く。
  3. ファイルアプリ内の
    『Untitled』の中にある
    写真/動画を選択して保存する。

実際に使い方を説明していきます。

①Lightning SDカードカメラリーダーに
 メモリーカードを挿入した状態で
 iPhoneに挿す。


②iPhoneのファイルアプリを開く。


③ファイルアプリ内の
 『Untitled』の中にある
 写真/動画を選択して保存する。

SDカードによっては
『Untitled』ではなく
『SDCARD』など名前が
異なる場合もあります⚠️

『Untitled』の中にさらに
【DCIM】と【PRIVATE】という
2つのファイルが出てきます。


★写真を取り込みたい場合は
【DCIM】→【100MSDCF】と
すすむと写真が保存できます◎

★動画を取り込みたい場合は
【PRIVATE】→【M4ROOT】
→【CLIP】とすすむと
動画が出てきて保存できます。

 

『Imaging Edge』を使った
スマホ転送よりも、ずっと速く
写真や動画が取り込めるので
このやり方が断然おすすめです!

<スポンサーリンク>

SDカードカメラリーダーのデメリット

SDカードカメラリーダーの
デメリットをあげるとするならば
以下の2つがあげられるでしょう。

  1. カメラからメモリーカードを
    その都度出す必要がある。
  2. 別途SDカードカメラリーダーを
    購入する必要がある。

 

①カメラからメモリーカードをその都度出す必要がある。

当たり前といえば当たり前ですが
SDカードカメラリーダーに
メモリーカードを挿入して使うので
その都度カメラからメモリーカードを
取り出さなくてはなりません。

Imaging Edgeを使ったスマホ転送なら
いちいちメモリーカードを出さなくても
転送できるので、1工程増えるような
気もします。

 

しかし、それ以上に写真/動画を
取り込めるスピードが早いので、
私はSDカードカメラリーダーを
使うことを断然おすすめします

②別途SDカードカメラリーダーを購入する必要がある。

 

2つ目のデメリットは
別途SDカードカメラリーダーを
購入する必要があることです。

しかし、この点においても
Imaging Edgeを使った転送速度よりも
ずっと速く取り込めるので
購入して間違いはないと思います。

値段もAppleの純正だと
5000円ほどしてしまいますが、
純正でなければ2000円もしないので
おすすめですよ(^^)

私自身も2000円弱のものを
購入しましたが、
特に問題なく使えています◎

<スポンサーリンク>

SDカードカメラリーダーのメリット

続いてはSDカードカメラリーダーの
メリットです。

  1. なんと言っても速く転送できる。
  2. WiFi環境がなくても
    どこでも取り込みができる。

 

①なんと言っても速く転送できる。

 

これが1番のメリットであり、
大事な点だと思います。

Imaging Edgeのスマホ転送だと
いくら無線で簡単とは言え
転送速度が遅すぎます。

その点、SDカードカメラリーダーを
使えばストレスのない速度で
画像も動画も取り込むことが
できるのでおすすめです。

 

②WiFi環境がなくてもどこでも取り込みができる。

 

SDカードカメラリーダーは
有線なので、WiFi環境下である
必要がありません。

 

つまり、SDカードカメラリーダーが
あればいつでもどこでも
カメラの中にある写真や動画を
iPhoneにうつすことができるのです◎

そういった点でも転送速度が速くて
どこでもデータを保存できる
SDカードカメラリーダーは
必須といえるでしょう。

<スポンサーリンク>

もうスマホ転送で悩まない!

Sonyの『ZV-E10』に限らず
一眼レフカメラで撮った
高画質・高容量の写真や動画も
今回紹介した方法なら
ストレスなくスマホに
転送することができます◎

 

今回の記事が

せっかくカメラを購入したのに
スマホ転送に時間がかかりすぎて
編集意欲がなくなった…

と困っている方の参考になれば幸いです!

すっす

これからも写真・動画撮影を
楽しんでいきましょう〜♪

 

カメラを始めてよかったな〜と
思うことが沢山あります◎
良かったら過去に書いた

カメラを始めるメリットとデメリット―趣味でカメラを始めよう!―

という記事も読んでみてくださいね♪

 

ほいじゃまた!

ブログランキング・にほんブログ村へ